投資の種類と特徴

ファンドラップって一体何?

ファンドラップ(Fund Wrap)とは、銀行や証券会社が取り扱う投資一任運用サービスの一種となります。ファンド(投資信託)のラップ(包む)という言葉が示す通り、複数の投資信託を組み合わせて運用する事を意味しています。顧客が許容するリスクの程度や投資目的を方針として伝える事で、銀行や証券会社は金融機関の専門家の意見を受けて、リスクヘッジしながら利益が得られる様に、複数種類の異なるタイプの投資信託を運用する事となります。
ファンドラップと類似のサービスとしてラップ口座が知られていますが、最低運用額が数千万~数億円という高額に設定されている事が多く、富裕層が主な顧客対象となっているのに対し、ファンドラップは数百万円から利用でき、幅広い層に向けたサービスと言えます。

ファンドラップの特徴とは?

一般的な投資信託による運用では、ファンドの選定・管理・見直しといった一切を、自身で情報を集め、判断を下しながら行わなければならないのに対し、ファンドラップでは、投資のプロによる運用状況のモニタリングや市場環境に合わせたアドバイスを受ける事が可能です。
サービスを受けるためのコストとして、ファンド購入時の販売手数料は不要ですが、信託報酬とファンドラップフィー(投資顧問料、取引管理手数料)を払う必要があり、これら費用と得られる運用益・付加価値を比較しながら利用を決めることになります。
ファンドラップは、自分一人で運用する自身がない人や、情報収集や運用状況の管理をする時間がないといった人が、投資のプロの運用に基づいて長期分散投資を行うのに適していると言えます。

© Copyright Financial Challenges. All Rights Reserved.